こえろぐ。

自分のための備忘録-女性向けシチュエーションCD記録(発展途上)



☆ Sugar Escort2

 

Sugar Escort2

Sugar Escort2

 

アハマド;茶介

 

彼に出会ったのは全くの偶然だった。とある休日、街をブラブラ歩いていると どこからともなく声が聞こえてくる。 「おお神よ!!」 気になって声のする方を見ると そこにはニュースでも話題となっていた異国のイケメン王子・アハマドの姿が。 「なんて美しい人だ……!ワタシはあなたに会うために生まれてきたのかもしれない」 突然の熱烈なアタックに戸惑うあなた。しかし、アハマドは屈託のない笑顔ですぐにあなたとの距離を縮め、そのまま母国へと連れて行ってしまう。 初めて訪れた異国で目にする、煌びやかなお城や食べきれないほどの料理。あなたを宝物のようにやさしくエスコートしてくれるアハマドとの夢の様なひと時が過ぎていく……。 砂漠に囲まれた異国で、ふたりは初めて結ばれる。 情熱的な彼に包まれて、あまいあまい夢見る一夜をお楽しみください。(公式サイトより)

 

特典

・ステラ

 

 

茶介さんの声が好きじゃないと聴けない作品だった。

 

わたし、設定とかあんまりこだわらないし、

なんでも美味しく頂けるタイプだと自分で思ってるんだけど…

 

これはない。

 

まず、カタコト。

これは海外の方だから仕方ないとしましょう。

茶介さんがものすごく頑張って下さっていて、

なんちゅー無茶ぶりしとんねん、制作会社。と思った。

 

出会い。

ふきだした。めいっぱいふきだした。

でも相手が海外の方なので、こんなこともあるかな。と。

(いや、ないだろ)

 

彼の国でしか採れない宝石を使ったアクセサリーをひとそろえ買ってもらう。

ここ! ここがどうにも納得できない。

たとえ彼が強引に買ってくれたとしても、王子様に金銭感覚がないとしても

一般人の主人公は断る素振りを見せようよ。

もしくはそんな怪しい人からは逃げようよ。

 

彼の国へ拉致られる。

って、そんな簡単に国外に出たりできないでしょ?

しかもその日中につく砂漠の国って…

 

そして、えろ。

むりやり感が半端ない。

 

さらに、求婚。即OK。

一体、どこにOKする要素があったのかさっぱりわからん。

 

て、具合で…

 

本気で突っ込み入れまくりでした。

 

でも! でも…!

突っ込みどころ満載すぎるシナリオなのに、

茶介さんの素晴らしい演技のおかげでちゃんと最後まで聴けました。

演者さんってほんとすごい。ありがとうございます。

 

せめて、主人公が日本人じゃなかったり、

殿下への想いをちょっとでも持ってたりしたら

よかったのかな、と聴き終わってから考えてました。