こえろぐ。

自分のための備忘録-女性向けシチュエーションCD記録(発展途上)



おとどけカレシ Vol.6 真中壱

 

おとどけカレシ Vol.6 真中壱

おとどけカレシ Vol.6 真中壱

 

 真中壱;興津和幸

 

大学生のアナタが、授業を終え帰宅しようとしたところ、
大学の門前で女子生徒に囲まれている一人の男性を見つける。
大勢の女子生徒の誘いを、爽やかな微笑みと落ち着いた口調で断る男性。
「気持ちは嬉しいけど、ごめんね。彼女を迎えに来たから……」
そんな中、カレはアナタの姿を見つけると、微笑んで近寄ってくる。
「授業が終わった頃かなと思って、迎えに来たよ。さあ車に乗って」
真中 壱と名乗るその男性は、アナタに対してまるで恋人のように接してくる。
正体を問うと、カレはBLOSSOM社から派遣された『おとどけカレシ』だというのだ。
BLOSSOM社は、女性を顧客に恋人派遣サービスを行う今話題の企業らしい。
そんなものを予約した覚えがないアナタだが、やがて友人が勝手に予約していたことが判明。
カレから「友達の好意なんだから素直に受け取っておくべきだ」といわれたアナタは、
戸惑いながらも、壱と一週間限定の恋人関係を始めることに……

 

 

ギャップ…!

ギャップがすごすぎる。心の声がだだもれすぎる。

途中、あまりのバカさに興津さんのイケボをムダ遣いすんなと怒りたくなった(笑)

でも、はっちゃけた興津さんもそれはそれで好きですv