こえろぐ。

自分のための備忘録-女性向けシチュエーションCD記録(発展途上)



おとどけカレシ Vol.4 御国海斗

 

おとどけカレシ Vol.4 御国海斗

おとどけカレシ Vol.4 御国海斗

 

 御国海斗;八代拓

 

アナタが仕事から帰宅していると、突然、一台の車が目の前に停まった。
中から現れたのは、端正な顔立ちをした見知らぬ青年。

「遅いじゃねぇか。俺を待たせるなんて生意気。
お前が遅いから迎えに来てやった。光栄に思えよ」

初対面から偉そうな態度で接してくる相手に警戒心を覚え、
通り過ぎようとしたところ、自分は「御国海斗」だと名乗るカレ。
聞き覚えの無い名前に、困惑してしまうアナタ。

「お前、もしかして、自分が恋人レンタルサービスを利用してるってわかってねぇのか……?」

正体を問うと、カレはBLOSSOM社から派遣された『おとどけカレシ』だというのだ。
BLOSSOM社は、女性を顧客に恋人派遣サービスを行う今話題の企業らしい。
そんなものを予約した覚えがないアナタだが、
やがて、酔った勢いで「懸賞に応募しておいた」と連絡してきた友人の仕業だと発覚する。

「手違いの予約だったとしても、この俺と過ごせるチャンスなんて二度とねぇぞ? 
お前がどうしてもって言うなら、一週間相手してやってもいいぜ」

高圧的で俺様な海斗に嫌悪感を覚えるアナタ。
しかしキャンセルするには莫大な違約金がかかると言われてしまい、
仕方なく、海斗と一週間限定の恋人契約を結ぶが……

 

 

途中、何度か辛いってなりながらも何とか最後まで聞き終えた。

 

むりな理由は「俺様」な彼も、「なよっとした」彼もニガテだから(笑)

これはもう好みの問題だから仕方ないってことで

どこら辺まで堪えられるかなぁと思ってたら、

途中、いい感じに「演技」であることを認めて

「もうむりです!」って彼から言ってくれた。

そこで、これどうやって終わるんやろって思ったおかげで

最後まで聞き終えられたv

 

勘違い系の俺様も、自分の意思がないびびってるだけのなよなよ系も

好きじゃないけど、開き直ったあとの彼の性格は好き。

アフターが楽しみですv