こえろぐ。

自分のための備忘録-女性向けシチュエーションCD記録(発展途上)



被験体G

 

被験体G

被験体G

 

 五百扇一春;白井悠介

 

主人公が目覚めたのは、どこかの病室のような部屋のベッドの上。

ベッドの横には主人公の様子を心配そうに見ている青年が。主人公が名前を聞くと、彼は五百扇 一春(いおぎ いちはる)、主人公のカウンセラーだという。

一春は、主人公は大変な事故で記憶を失ってしまったというのだ。一春の役目は、主人公の心身に負担をかけず、少しずつ記憶を取り戻していくことだという。

主人公への好意を隠さない一春。彼と話しているのは心地よかった。まるで普通の恋人同士のような生活が始まった。

一春は主人公の喜ぶことをしてくれる……いや、それしかしない。一春の行動に不審を覚え始めた時、とあるきっかけで一春の様子が変わり……?

 

 

所謂、天才肌の人はやることも変わってるってお話でいいのかな?

 

ある日、目覚めたら記憶喪失になってて、

よくわからない施設(病院らしい)に収容されてる。

 

面会に来るのはカウンセラーだという男のみ。

そして、主人公を好きだというようになる。

 

なんかさっぱりわかんないお話だなと思ってたら、

カウンセラーだと偽っていた男が自分の研究のために

幼なじみで恋人で会った主人公を記憶喪失にした、と。

 

いや、人の記憶ってそんな簡単に操作できないでしょ?

ってのが、最初の突っ込みポイント。

 

あとは、「彼」の自分勝手さに笑うしかない展開だった。

どうしてこんなお話になったのか、ひじょーに謎。

 

素敵ないい声なのに、「彼」の性格にいらっとして

あんまり聞きこめなかった。残念。